●自分に合った育毛剤を●

「今まで育毛剤を使ってはみたけど効果がなかった…」という方もいらっしゃるかと思います。

実はハゲや薄毛の原因は様々あり、育毛剤もそれぞれの原因に合わせた商品が市場に多く出回っていますのでご自分に合った育毛剤を使わないと効果は期待できません。

ですので、それらの育毛剤からご自分に合ったものを選ぶにはまず、ご自分の薄毛のタイプや原因を知り、学ぶことが、育毛・発毛への第一歩となります。

脱毛抑制型の育毛剤

M字型

こめかみにM字型に剃り込みを入れた様に薄毛が進行していくM字型タイプの方、直系家族に薄毛の人がいる方には、脱毛抑制型の育毛剤をお勧めします。

このタイプの薄毛は男性ホルモン「テストステロン」が変化してできたDHT(ジヒドロテストステロン)によるもので、DHTの生産に「5αリダクターゼ」が関与しています。つまり、テストステロンと5αリダクターゼが関わりを持つことで DHTが作り出されるのです。

これに対し、テストステロンと5αリダクターゼの結合を防止することができるのがフィナステリドで、フィナステリドが含まれる代表的な育毛剤が「プロペシア」や「フィンペシア」などです。

発毛促進型の育毛剤

O字型

頭頂部から薄毛が進行していくO字型のタイプの方に向いているのが発毛促進方の育毛剤。

頭皮の血行を良くし、毛根へ栄養を与え、発毛の促進効果がある育毛剤です。 血行が悪いと、血液からくる栄養が十分に毛根に行き届かない為、毛髪形成が滞り、薄毛の原因になります。

血行促進タイプの育毛剤には血管拡張剤の「ミノキシジル」が含まれており、主な商品は「ロゲイン」や「カークランド」など。

関連商品

プロペシア

脱毛症治療薬での知名度No.1!有効成分フィナステリドによりホルモンの働きを抑制し、抜け毛を防止します。

ロゲイン

現在ジョンソン&ジョンソン社から発売され、世界で最もポピュラーな育毛剤です。有効成分「ミノキシジル」は血管を拡張させる働きがあります。